コシダカホールディングス【2157】の株主優待は商品券!業績や株価を分析してみた

株主優待銘柄
スポンサーリンク

コシダカホールディングスはカラオケ「招き猫」を運営している企業です。

カラオケ業界全体的に厳しい状況ですが、「ZEROカラ」「朝うた」など独自のビジネスモデルを展開して好調を維持しています。

コシダカホールディングスの銘柄に興味がある方なら

    • 株主優待の詳しい内容を知りたい!
    • 業績はどうなの?利益は出ているの?
    • 財務的に安全なの?投資しても大丈夫そう?
    • 株価って今後どうなるの?今って買い時なの?
    • 総会お土産はあるの?

という点は気になりますよね?

今回はコシダカホールディングスについて

    • 株主優待の詳しい内容について
    • 株主総会のお土産について
    • 業績や利益の推移について
    • 財務的な安全性について
    • 配当や利回りについて
    • コシダカホールディングスの株価は今度どうなりそうなのか

をご紹介していきます。

ぜひ投資する際の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

コシダカホールディングスの株主優待の内容について

コシダカホールディングスの株主優待の内容は下記のとおりです。
【おすすめ度】
★★★☆☆

【株価】
1560円【令和01年07月13日時点】

【配当】
12.00円

【権利確定日】

8月
【株主優待内容】

[継続保有期間3年未満]

  • 100株以上・・2,000円相当の株主優待券
  • 400株以上・・5,000円相当の株主優待券+3,000円相当のカタログギフト
  • 4,000株以上・・5,000円相当の株主優待券+5,000円相当のカタログギフト

[継続保有期間3年以上]

  • 100株以上・・4,000円相当の株主優待券
  • 400株以上・・10,000円相当の株主優待券+3,000円相当のカタログギフト
  • 4,000株以上・・10,000円相当の株主優待券+5,000円相当のカタログギフト

自社の店舗で利用できる株主優待券を贈呈しています。

温浴施設(まねきの湯、らんぷの湯)における利用可能枚数1回の会計で最大5,000円(5枚)までです。

 

長期保有の条件は同一株主番号の維持のみなので、SBIネオモバイルの裏ワザが利用できます。

この裏ワザでは「1株で株主番号を維持できる」というものです。

下記の記事に詳細が記載されています。

株主優待の長期保有の裏ワザ!SBIネオモバイル証券で無料で権利をゲット!
株主優待の長期保有が魅力的な企業が多いけど、何年も株を持っていると値下がりのリスクもあるし、利益になったら売りたいなぁ。 何か良い方法で長期保有できる方法はないかなぁ・・ または ...

【配当利回り】
0.80%
【優待利回り】
1.28%
【優待利回り+配当利回り】
2.10%

株主優待はいつ届く?

コシダカホールディングスの株主優待は11月下旬を目安として届きます。

権利確定日のおよそ3か月後に到着します。

有効期限について

コシダカホールディングスの株主優待券の有効期限は翌年11月末までです。

約1年間の利用期限ですね。

長めに設定されている点は嬉しいです。

利用できる店舗は「まねきねこ」「ワンカラ」「まねきの湯」「らんぷの湯」

コシダカホールディングスが運営するグループ店舗で利用できます。

  • カラオケまねきねこ
  • ひとりカラオケ専門店ワンカラ
  • 温浴施設(まねきの湯、らんぷの湯)

まねきねこだけではなく、ワンカラ、温泉でも利用できます。

ヤフーオークションの買取価格について

コシダカホールディングスの株主優待はヤフーオークションでは下記の価格帯で取引されています。

・5,000円分・・3,500円~3,800円

額面の7割~8割程度の価格帯で取引されています。

株主総会のお土産について

コシダカホールディングスは株主総会お土産があります。

過去に贈呈されたコシダカホールディングスの株主総会のお土産は下記の通りです。

【2018年】

  • クッション
  • レディースの靴下+子供用の靴下
  • ドリンクボトル
  • カレンダー

招き猫オリジナルグッズが主体のようです。

コシダカホールディングスの業績

投資する際は株主優待のみならず、企業の業績も確認しなければいけません。

そこでコシダカホールディングスの過去の業績を調べてみました。

まとめますと下記の通りです。

【百万円】
売上高 営業益 経常利益 最終利益
2015年8月期 44,257 4,394 4,492 2,098
2016年8月期 51,170 4,810 4,699 1,900
2017年8月期 55,283 6,146 6,354 3,255
2018年8月期 61,771 7,858 8,207 4,426
2019年8月期(予想) 66,124 9,804 10,212 6,071

具体的に内容を見ていきましょう。

コシダカホールディングスの売上高は右肩上がりで好調

コシダカホールディングスの過去の売上高を見てみましょう。

順調に右肩上がりに伸びています。

コシダカホールディングスはマーケティングが非常に上手だという印象がありますね。

カラオケ業界全体が不振の中で様々なオリジナルプランを次々と打ち出していきました。

今後もカラオケ全体が厳しい中でどのように売上高を確保していくか注目です。

コシダカホールディングスの最終利益は好調で増益

コシダカホールディングスの過去の最終利益を見てみましょう。

利益も売上高とほぼ比例して増益傾向にありますね。

コシダカホールディングスの財務情報

財務状況が悪ければ、株主優待が廃止になる可能性も出てきます。

そのため株主優待を維持できる財務の健全性があるかどうかは重要です。

コシダカホールディングスの直近3年間の財務情報を調べてみました。
まとめますと下記の通りです。

自己資本比率 有利子負債倍率
2016年8月期 40.4 73%
2017年8月期 49.6 45%
2018年8月期 37.5 95%

具体的に内容を見ていきましょう。

コシダカホールディングスの自己資本比率は40%前後で推移

コシダカホールディングスの過去3年間の自己資本比率を見てみましょう。

大体40~50%台で推移していますね。

健全な範囲内で推移しています。

コシダカホールディングスの有利子負債倍率はやや高め

コシダカホールディングスの過去3年間の有利子負債倍率を見てみましょう。

有利子負債倍率は高く、90%を超えています。

自己資本比率が高いので、大きな危険性はありませんが、今後に懸念材料は残りますね。

コシダカホールディングスの株価は割安?割高?

ここではコシダカホールディングスの株価について投資指標と合わせてみていきます。
まずはコシダカホールディングスの投資情報を見ていきます。
【下記の情報はいずれも令和01年07月13日時点の情報】

証券コード 2157
企業名 コシダカホールディングス
株価 1,560
配当利回り 0.77%
時価総額 128,388百万円
株の購入価格 156,000
PER (連) 20.89倍
PBR (連) 4.10倍
年初来高値 1,833円
年初来安値 1,167円

コシダカホールディングスの株価は1200円~1800円で推移しています。

一時下落しましたが、最近では持ち直しています。

現在の株価は1560円です。【令和01年07月13日時点】

PERは(連) 20.89倍,PBRは(連) 4.10倍です。

株価は割高感がありますね。

株主優待が人気なので、やむなしといったところです。

配当の推移について

コシダカホールディングスの配当は下記の通り推移しています。

  • 2012年8月期・・6.25円
  • 2013年8月期・・6.88円
  • 2014年8月期・・7.5円
  • 2015年8月期・・7.5円
  • 2016年8月期・・8円
  • 2017年8月期・・9円
  • 2018年8月期・・10円
  • 2019年8月期・・12円

過去の株価を踏まえた利回りは下記のとおりとなります。

  • 株価が1200円の時、配当利回りは1%、優待+配当利回りは2.7%
  • 株価が1500円の時、配当利回りは0.8%、優待+配当利回りは2.1%
  • 株価が1800円の時、配当利回りは0.7%、優待+配当利回りは1.8%

現在の株価は1560円【令和01年07月13日時点】のため

配当利回りは0.8%、優待+配当利回りは2.1%となります。

ただしこれは短期保有のケースです。

長期保有の場合は

配当利回りは0.8%、優待+配当利回りは3.3%となります。

長期保有の場合はそこそこの利回りとなってきますね。

コシダカホールディングスの株主優待のおすすめ度は星3つ

今回はコシダカホールディングスの株主優待や業績についてまとめてみました。

コシダカホールディングスの業績、利回り、株主優待から見たおすすめ度は★★★☆☆です。

  • 株主優待は商品券。長期保有で金額アップ!
  • 業績好調で推移

というメリットがある反面

  • カラオケ業界は縮小傾向にある
  • 短期保有の場合は利回りが低い

というデメリットがあります。

コメント