日本M&Aセンター【2127】の株主優待を分析!安全性が高い銘柄

株主優待銘柄
スポンサーリンク

日本M&AセンターはM&Aに特化した日本最大手のコンサルティング会社です。

M&Aに特化したコンサル会社というのは珍しいですが、需要が大きく年々規模を拡大させています。

日本M&Aセンターの銘柄に興味がある方なら

    • 日本M&Aセンターの株主優待の詳しい内容を知りたい!
    • 日本M&Aセンターって業績はどうなの?利益は出ているの?
    • 日本M&Aセンターは財務的に安全なの?投資しても大丈夫そう?
    • 日本M&Aセンターの株価って今後どうなるの?今って買い時なの?
    • 日本M&Aセンターは総会お土産はあるの?

という点は気になりますよね?

今回は日本M&Aセンターについて

    • 株主優待の詳しい内容について
    • 株主総会のお土産について
    • 業績や利益の推移について
    • 財務的な安全性について
    • 配当や利回りについて

をご紹介していきます。

ぜひ投資する際の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

日本M&Aセンターの株主優待の内容について

日本M&Aセンターの株主優待の内容は下記のとおりです。

【おすすめ度】
★★★☆☆

【株価】
2654円【令和01年07月10日時点】

【配当】
23.00円

【権利確定日】

3月
【株主優待内容】

・100株以上 魚沼産コシヒカリ産直品5kgを贈呈

【配当利回り】
0.90%

【優待利回り】
0.94%

【優待利回り+配当利回り】
1.80%

株主優待はいつ届く?

日本M&Aセンターの株主優待は6月下旬から7月上旬を目安として届きます。

権利確定日のおよそ3か月後に到着します。

株主総会のお土産について

日本M&Aセンターは株主総会お土産がありません。

2019年から廃止となってしまいました。

また評判の良かった株主懇親会も廃止となってしまいました。

かなりさみしい結果となっています。

業績好調なのに残念ですね。

株主総会の開催地域は東京都となっています。

日本M&Aセンターの業績

投資する際は株主優待のみならず、企業の業績も確認しなければいけません。
そこで日本M&Aセンターの過去の業績を調べてみました。
まとめますと下記の通りです。

【百万円】
売上高 営業益 経常利益 最終利益
2016年3月期 14,778 7,002 7,116 4,840
2017年3月期 19,069 9,046 9,070 6,174
2018年3月期 24,625 11,605 11,670 8,146
2019年3月期 28,463 12,533 12,533 8,867
2020年3月期(予想) 0 0 0 0

 

  

具体的に内容を見ていきましょう。

日本M&Aセンターの売上高は好調!今後も期待

日本M&Aセンターの過去の売上高を見てみましょう。

きれいに右肩上がりで伸びています。

近年M&Aの需要が増えていますので、今後も期待ができます。

ただコンサルタントの人材不足が叫ばれていますので、今後潤沢な人材が確保できるかどうかは一つのポイントとなりそうです。

日本M&Aセンターの最終利益も好調に推移

日本M&Aセンターの過去の最終利益を見てみましょう。

売上高に比例して順調に利益を伸ばしています。

特にコンサルティング会社は人が商品のため利益率がかなり高いです。

今後も期待ができそうです。

日本M&Aセンターの財務情報

財務状況が悪ければ、株主優待が廃止になる可能性も出てきます。
そのため株主優待を維持できる財務の健全性があるかどうかは重要です。
日本M&Aセンターの直近3年間の財務情報を調べてみました。
まとめますと下記の通りです。

自己資本比率 有利子負債倍率
2017年3月期 64.3 28%
2018年3月期 69.4 16%
2019年3月期 76.2 9%

具体的に内容を見ていきましょう。

日本M&Aセンターの自己資本比率は潤沢

日本M&Aセンターの過去3年間の自己資本比率を見てみましょう。

自己資本比率は順調に伸びており80%弱まで数値を伸ばしています。

非常に強固な財務体制を誇ります。

日本M&Aセンターの有利子負債倍率は?

日本M&Aセンターの過去3年間の有利子負債倍率を見てみましょう。

こちらも順調に減っており、財務は健全であることがわかりますね。

破たんする可能性は極めて低そうです。

日本M&Aセンターの株価は割安?割高?

ここでは日本M&Aセンターの株価について投資指標と合わせてみていきます。
まずは日本M&Aセンターの投資情報を見ていきます。
【下記の情報はいずれも令和01年07月10日時点の情報】

証券コード 2127
企業名 日本M&Aセンター
株価 2,654
配当利回り 0.87%
時価総額 434,872百万円
株の購入価格 265,400
PER (連) 46.81倍
PBR (連) 15.73倍
年初来高値 3,215円
年初来安値 2,161円

日本M&Aセンターの株価は2000円~4000円で推移しています。

2年間のチャートは下記のとおりです。

上昇を続け一時期4,000円に届こうかというところでしたが、市況の悪化などがあり一時下落しました。

最近はもちなおしており、現在の株価は2654円です。【令和01年07月10日時点】

PERは(連) 46.81倍,PBRは(連) 15.73倍です。

超割高ですね。

しかしながら、将来性がある企業なので、それを踏まえた上の株価の高さという感じですね。

配当の推移について

日本M&Aセンターの配当は下記の通り推移しています。

  • 2010年3月期・・2.08円
  • 2011年3月期・・2.71円
  • 2012年3月期・・3.54円
  • 2013年3月期・・4.58円
  • 2014年3月期・・7.5円
  • 2015年3月期・・8.75円
  • 2016年3月期・・12.25円
  • 2017年3月期・・15.63円
  • 2018年3月期・・20.5円
  • 2019年3月期・・23円
  • 2020年3月期・・26円(予想)

配当は順調に伸びています。

利益が堅調なので、比例して増配しているということですね。

業績は拡大基調なので、今後も期待できそうです。

 

過去の株価を踏まえた利回りは下記のとおりとなります。

  • 株価が2000円の時、配当利回りは1.2%、優待+配当利回りは2.4%
  • 株価が3000円の時、配当利回りは0.8%、優待+配当利回りは1.6%
  • 株価が4000円の時、配当利回りは0.6%、優待+配当利回りは1.2%

現在の株価は2654円【令和01年07月10日時点】のため

配当利回りは0.9%、優待+配当利回りは1.8%となります。

利回り的には魅力が薄いですね。

日本M&Aセンターの株主優待のおすすめ度は星3つ

今回は日本M&Aセンターの株主優待や業績についてまとめてみました。
日本M&Aセンターの業績、利回り、株主優待から見たおすすめ度は★★★☆☆です。

  • 株主優待はコシヒカリ5kg
  • 業績好調!将来性抜群のコンサルティング会社
  • 財務も盤石で自己資本比率80%弱
  • 連続増配中

というメリットがある反面

  • 株価は超割高
  • 利回り的には今一つ

というデメリットがあります。

完全に将来性を重視する方にはおすすめの銘柄です。

コメント