塩水港精糖【2112】の株主優待はオリゴのおかげ!株価や配当を分析してみる

株主優待銘柄
スポンサーリンク

塩水港精糖は「オリゴのおかげ」を主力商品とする食品メーカーです。

砂糖事業とバイオ事業を中心に事業展開しています。

塩水港精糖の銘柄に興味がある方なら

    • 塩水港精糖の株主優待の詳しい内容を知りたい!
    • 塩水港精糖って業績はどうなの?利益は出ているの?
    • 塩水港精糖は財務的に安全なの?投資しても大丈夫そう?
    • 塩水港精糖の株価って今後どうなるの?今って買い時なの?
    • 塩水港精糖は総会お土産はあるの?

という点は気になりますよね?

今回は塩水港精糖について

    • 株主優待の詳しい内容について
    • 株主総会のお土産について
    • 業績や利益の推移について
    • 財務的な安全性について
    • 配当や利回りについて

をご紹介していきます。

ぜひ投資する際の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

塩水港精糖の株主優待の内容について

塩水港精糖の株主優待の内容は下記のとおりです。
【おすすめ度】
★★★☆☆

【株価】
213円【令和01年07月09日時点】

【配当】
5.00円

【権利確定日】

3月

【株主優待内容】

1,000株以上 当社製品「オリゴのおかげ」6本セット(3,000円相当)

【配当利回り】
2.30%
【優待利回り】
1.41%
【優待利回り+配当利回り】
3.80%

株主優待はいつ届く?

塩水港精糖の株主優待は下記を7月上旬を目安として届きます。

権利確定日のおよそ3か月後に到着します。

株主優待の注意点について

塩水港精糖の株主優待の注意点は下記のとおりです。

・1,000株以上でなければ株主優待はもらえない

単元株は100株ですが、株主優待は1,000株なので間違いないようにしましょう。

株主総会のお土産について

塩水港精糖は株主総会お土産があります。

過去に贈呈された塩水港精糖の株主総会のお土産は下記の通りです。

  • 2017年・・オリゴのおかげ 200g×2
  • 2016年・・オリゴのおかげ 200g×2

毎年同じ商品が贈呈されているようです。

開催地域は東京都です。

塩水港精糖の業績

投資する際は株主優待のみならず、企業の業績も確認しなければいけません。
そこで塩水港精糖の過去の業績を調べてみました。
まとめますと下記の通りです。

【百万円】
売上高 営業益 経常利益 最終利益
2016年3月期 26,842 1,020 1,010 619
2017年3月期 27,364 726 838 549
2018年3月期 26,874 840 1,192 906
2019年3月期 26,002 1,010 1,090 840
2020年3月期(予想) 26,000 900 900 610

具体的に内容を見ていきましょう。

塩水港精糖の売上高は不振。砂糖事業で減収基調

塩水港精糖の過去の売上高を見てみましょう。

売上高は不振が続き、減収傾向にあります。

国内の砂糖需要が年々減少傾向にあるため、苦境に立たされています。

今後はバイオ事業がうまくいくかがカギを握ります。

塩水港精糖の最終利益も減益基調に

塩水港精糖の過去の最終利益を見てみましょう。

売上高が減収傾向にあるため、最終利益も減益しました。

2020年も減益予想となっており、バイオ事業がうまくいかない限りは減益は避けられないでしょう。

塩水港精糖の財務情報

財務状況が悪ければ、株主優待が廃止になる可能性も出てきます。
そのため株主優待を維持できる財務の健全性があるかどうかは重要です。
塩水港精糖の直近3年間の財務情報を調べてみました。
まとめますと下記の通りです。

自己資本比率 有利子負債倍率
2017年3月期 30.6 182%
2018年3月期 33.3 161%
2019年3月期 36 136%

具体的に内容を見ていきましょう。

塩水港精糖の自己資本比率は?

塩水港精糖の過去3年間の自己資本比率を見てみましょう。

自己資本比率は30%台です。

製糖企業の中では低い数値です。

安全性はそこまで高くないといったところです。

塩水港精糖の有利子負債倍率は?

塩水港精糖の過去3年間の有利子負債倍率を見てみましょう。

有利子負債倍率は100%を超える数値で推移しています。

借入依存度が高く、財務状況はあまり良くありませんね。

塩水港精糖の株価は割安?割高?

ここでは塩水港精糖の株価について投資指標と合わせてみていきます。
まずは塩水港精糖の投資情報を見ていきます。
【下記の情報はいずれも令和01年07月09日時点の情報】

証券コード 2112
企業名 塩水港精糖
株価 213
配当利回り 2.35%
時価総額 7,455百万円
株の購入価格 21,300
PER (連) 9.47倍
PBR (連) 0.66倍
年初来高値 243円
年初来安値 201円

塩水港精糖の株価は200円~280円で推移しています。

2年間のチャートは下記の通りです。

株価は下落傾向ですね。

業績不振のため、やむなしといったところです。

現在の株価は213円です。【令和01年07月09日時点】

PERは(連) 9.47倍,PBRは(連) 0.66倍です。

指標的にはかなり割安感があります。

しかしながら、成長性があまりないことを考えるとう~んといったところですね。

配当の推移について

塩水港精糖の配当は下記の通り推移しています。

  • 2010年3月期・・5円
  • 2011年3月期・・5円
  • 2012年3月期・・5円
  • 2013年3月期・・5円
  • 2014年3月期・・6円
  • 2015年3月期・・5円
  • 2016年3月期・・5円
  • 2017年3月期・・5円
  • 2018年3月期・・5円
  • 2019年3月期・・6円
  • 2020年3月期・・5円

配当は基本的は5円を維持しています。

ただ自己資本がやや心もとないので、万一業績不振になった場合は減配や無配になる可能性があります。

 

過去の株価を踏まえた利回りは下記のとおりとなります。

  • 株価が200円の時、配当利回りは2.5%、優待+配当利回りは4%
  • 株価が240円の時、配当利回りは2.1%、優待+配当利回りは3.3%
  • 株価が280円の時、配当利回りは1.8%、優待+配当利回りは2.9%

現在の株価は213円【令和01年07月09日時点】のため

配当利回りは2.3%、優待+配当利回りは3.8%となります。

利回りは3%後半とそこそこ良い水準です。

塩水港精糖の株主優待のおすすめ度は星3つ

今回は塩水港精糖の株主優待や業績についてまとめてみました。
塩水港精糖の業績、利回り、株主優待から見たおすすめ度は★★★☆☆です。

  • 株主優待は3,000円相当のオリゴのおかげ×6
  • 利回りは3%後半で高め
  • 指標的には割安感があり

というメリットがある反面

  • 財務状況がやや心もとない
  • 業績不振で減収減益傾向に

というデメリットがあります。

コメント